SSブログ

小説『火の粉』を読んでの感想 [火の粉]

小説『火の粉』を読んでの感想ですが、これは

どこにでも起こりうるような話しだと最近思え

てきました。


そう!火の粉なんて、どこに飛んでくるのか分

からないんですよね・・・。


梶間家はごく一般的な家庭ですよね。

というか、最近少なくなりつつある家族構成で

すかね。確かに、4世代が同居する家族はどち

らかというと少ないか。核家族化が進行してい

る日本にとっては。

そして、介護、嫁姑の同居、親離れ出来ない

息子と親、子育て・・・。

日本の家族の課題が山積みだなと感じた。


そして、近所付き合いの難しさ・・・。

田舎の生活と都会の生活がミックスされたような

環境でこんなことも起こりうるかと。





武内の行動は、一つ一つを見れば、それほど

奇妙なことには思えないんですよね。

点で見れば・・・。


でも、その点が線になったときの怖さが読みいって

ふつふつと湧いてくるんですよね~!


ん~、来てます!きてます!キテマス!w

しかし、男性と女性の感覚というのは

こうまで違うとは。

同じ男性として情けないというか、身にしみると

いうかwww

それに比べて、女性はしっかりしてますよ!!

生き抜く術が本能にあるんですかね。

ある意味、女性がいるから男性の立場があるような。

そんなことをしばしば考えてしまうな。



飛んでくる火の粉を女性はしっかりと受け止めて

対処していきます。それが、間違っていたとしても

受け止めているから次の的確な行動へとつながって

いきます。


しかし、男性はのらりくらりと火の粉をかわします。

見て見ぬ振りが得意ですね~www

でも、結局はそれが大やけどに繋がるんですよね!

言葉では分かっていると言いながらも・・・。




いやいや、ちょっと自分の行動も見直さない

といけませんな。

そんな感想でした(^_^;)


久々に一気に読めた小説でした^^


終わり。。。



⇒『火の粉』最新情報まとめ


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます