SSブログ

ドラマ「火の粉 第8話」感想! [火の粉]

武内と梶間家との奇妙な家族関係。

今回の出だしを見ると本当に「ぞっ!」

としましたよ!!


ありえんでしょ~、こんな関係。

それも、尋恵を除いて梶間家のみんなが

分かっていながら、その生活を続けるという。


いやはや、ここまで来ると現代社会からも

逸脱してますよねwww


しかし、琴音も変わってきましたね!

なにか武内を超える勢いが!!



そして、意外にも池本が現れるとは・・・。

前回からは原作とは全く異なる展開で

先が読めないから、それがある意味楽しいですね。


流石、テレビの脚本は面白みが増すように

よく考えられていますね^^


それにしても、武内の観察力は

凄まじいですね!!

そこまで見抜くのか!!


人って、危機が迫っている時に

そこまで冷静に周りを見れるんですかね。

感心してしまいますwww


徐々に「オトナの土ドラ」の「オトナ」って

部分が濃くなってきましたね。

これは、やっぱり「オトナ」じゃないと

ちょっと面白さが分からないかもしれませんね。



『火の粉』第8回で分かったこと、それは


やっぱ、女は強~い!!怖~い!!(爆



以上、『火の粉』第8話の感想でした~^^


⇒『火の粉』最新情報まとめ


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます