SSブログ

土ドラ『朝が来る』第6話ストーリー [朝が来る]

■夫の抱える思い
 
 今ある幸せは、片倉ひかり(川島海荷)

さんから授かったもの。

 6年もの間、清和(田中直樹)が抱え

続けてきた思い。

それを知った佐都子(安田成美)のもとに

浅見(石田えり)から、ベビーバトンの

説明会で養子を迎えた話をして欲しいと

頼まれる。

清和への思いもあり佐都子は一瞬ためらう

が、そんな佐都子に浅見は「良いことも

悪いこともそのまま話してほしい」と言う。



■見えない明日

 一方、ひかりは朱美(MEGUMI)が書いた

七夕の短冊から、朱美には樹という亡く

なってしまった子供がいたことを知る。

最愛の子を病気で失い、生きることすら

億劫になった朱美を救ったのは、出産前

に蒔いた種から出た、たった一葉の

百日草の芽だった。

 「一度狂った歯車は、そう簡単には

戻せない。それでも種を蒔いて明日を

生きるしかないんだよ」
 
 朱美の言葉を噛みしめるひかり。

しかし、そんな中、坂上(山田将之)

の元で詐欺の手伝いをしている健太

(小野塚勇人)は苦しみの最中にいて…。



■香澄の葛藤、清和の懊悩

 幼少期の母親との関係のせいで

母になることに怯えを抱く香澄

(佐津川愛美)は、不倫相手との子

を中絶するかしないか迷っていた。

そんな香澄を清和は食事に誘う。

 無責任に産めば子供が不幸になる、

と考える香澄は清和に中絶同意書

をつきつける。

 「育てられないのになぜ産む

のか。俺には否定できない……」

とつぶやく清和。

 清和はひかりに感謝していた。

朝斗(林田悠作)を産み、その

笑顔に出会わせてくれたことに。

 答えのない苦しみを抱えた二人。

清和は、香澄をベビーバトンの

説明会に誘うが……。



■会場へ

 数日後、佐都子は、清和・朝斗

とともに、会場を訪れていた。

 浅見に紹介された佐都子たちが

聴衆の前に着席。

そして、それぞれの思いを胸に

ベビーバトンの説明会が始まろう

としていた……。

(公式HPより引用)



今回は、ちょっと内容が濃そうですよ!

育てられないのに産むということ。

それによって、救われる家族が

あるということ。

そのどちらの立場に立つのか。

その真の意味を理解できるのか・・・。


オトナの土ドラ『朝が来る』第6話は

7月9日よる23時40分からです。

お見逃しなく^^



⇒『朝が来る』 まとめページ!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます