SSブログ

ノンママ白書第3話「モンスターワーママ登場!?」感想&4話ネタバレ [ノンママ白書]

ノンママ白書、ついに出ました!

3話にて「時短の女王」www

モンスターワーママ降臨でございます^^

で、ノンママ白書お決まりのシーンに

なってきましたが、まこっちゃんの

バーにて3人のノンママたちの

トークから今回も始まりましたね!

さて、ちょっと3話の感想でも

書いてみましょうかw

3話.PNG
(出典:ノンママ白書フジテレビ)

セクハラ、パワハラ、マタハラ

いやー、セクハラの嵐!地獄!?


昔と違って、ある意味現代社会は

難しい社会になりましたね~(^_^;)


それにしても今回も用語の説明ナレーションが

バンバン入りましたね!

これって、第1話、2話こそ異質に感じて

耳障りな感じでしたが、慣れてきたんですかね

すんなりと聞けるようにwww

人間の慣れとは素晴らしいですね!

3話バー.PNG
(出典:ノンママ白書フジテレビ)

そして、今回もまこっちゃんのバーで

ノンママ3人のトークの始まりでございます^^

実は今回は、このノンママ3人のトークが

実際に1話分の放送の中で

どれくらいの割合を占めているのか

測ってみましたよ!

結果は後ほどお伝えします。


今回の3話はモンスターワーママの

野村佳奈(34)にさんざん振り回され

ましたね!野村佳奈役を演じる

内山理名さんですが、綺麗で

可愛らしいので好きなんですが

演じてる役はキツイwww

普段は可愛くても言う時はズバズバと

言う、みたいな・・・土居玲子に

同情させするような感じになりましたw


出来ない人の主張ほど

キツいものはない(^_^;)


あっ、最初の方で野村は

モンスターワーママじゃなくて

『ゆるキャリ』って言ってましたね!

ばりキャリの反対語みたいですが

意味合いを聞けば、やっぱ

モンスターワーママの正体の

一部みたいですね。

仕事できないのに権利ばかり主張する!

こんな人、あなたの会社にもいませんか!?


☆ノンママ白書3話の3人のトーク時間は!

さて、ノンママ3人のトーク時間の

割合ですが、その前に毎回恒例の

まこっちゃんのスーパーフード料理

を初回しておきましょう^^

今回は『アサイーとアボガドの

クリームパスタ』でしたね。

3話アサイー.PNG
(出典:ノンママ白書フジテレビ)

アサイーもよく認知されている

スーパーフードに入ってますね。

詳しくはコチラ

⇒ まこっちゃんのスーパーフード料理!


で、今回はさすがに卵焼きでは

なかったですねw

毎回玉子焼きの具材では

面白くありませんよね。


ではでは

お待たせしました!

ノンママ3人のトーク時間


  約26分

なんと全体に占める割合は


  約6割


どうですか?皆さんがこれを

良しとするかどうかは・・・???

でも、3話になってこのトークも

慣れてきましたねw


それにしても、野村の最後の言葉には

やっぱり土井も心にグサッときましたね。

あれはないですね~。酷すぎる。。。


あっ、土井玲子は広島が実家みたいですね。

玲子に実家のお母さんから電話が

かかってきて、話しをする場面ですが

そのお母さんが喋る広島弁がどーも

イマイチwwwちょっと違うでしょ(^_^;)

まぁー、広島弁は女性がしゃべると

難しい部分はありますね。

男が喋ったほうがしっくりくる

方言ではありますw



☆ノンママ白書第4話ネタバレ

「胸、貸してやるよ」――
傷ついた土井に優しくキスをする本城。
キスをきっかけに心の奥にしまっていた
当時の感情がよみがえり、揺れる土井。
そんなある日、「土井部長への警告」
という不審なメールが届き―――


モンスターワーママ・野村(内山理名)の
ミスで300万円の損失を出した
「ワーママプロジェクト」。
土井(鈴木保奈美)は木村本部長(佐戸井けん太)
から厳重注意され
「やっぱり子育てしたことないからな」という
言葉まで浴びせられる。
そんな最中、地方に住む母親から
「女で初めて部長になって、東京でひとり
頑張ってる自慢の娘」と温かな励ましの
電話を受け、思わずひとり涙を流してしまう土井。
「胸、貸してやるよ」――
弱っている土井に声をかけてきたのは、
本城(高橋克典)だった。
本城の優しい言葉に甘える土井。
すると、本城がふいに土井にキスをして――


いつものバーで大野(菊池桃子)、
葉山(渡辺真起子)と会った土井は、
本城からキスされたことを二人に告白する。
その昔、お互い付き合おうとは口に
出さなかったものの、
男女の関係にあった土井と本城。
今さらどうにもならないと感じている土井だが、
心はほんの少しざわついていた。
「本城もバツイチなんだし、土井から
アプローチしなよ」と土井の恋バナに
盛り上がる大野と葉山。
そんな大野と葉山の人生も
それぞれ動き出していて......。
大野は本気で結婚しようと「シニア婚活」
に取り組み始め、葉山は自分の旦那が
浮気していると確信していた――


そんな土井の元に「土井部長への警告」
という、嫌がらせメールが届いた。
「女の武器で部長になったお前、
本城とイチャイチャしやがって」という
嫌がらせのメールに、大野と葉山は、
「明らかに部内の人間に違いない」と言う。
土井は大きなショックを受けていた。
自分が今まで誇りを持って
やり通してきた仕事のあり方すべてが、
間違っていたような気分になり
自己嫌悪に陥るのだった......。
落ち込む土井を励まそうと、
大野と葉山は、本城と話す場を
セッティングする。
内心ドキドキしながら本城を
待っていた土井だったが、
本城は一向に来る気配もなく......
すると、土井の元に小中(濵田崇裕)
から意外な連絡が入って―――

3話小中.PNG
(出典:ノンママ白書フジテレビ)

☆まとめ

やはり『ノンママ白書』はノンママ3人の

トークがメインであることは間違いない。

最初は「無理!」って思ってた方も

だんだん慣れて、面白くなって

きますよ!まだその域に達してない方も

もうすぐ到達できますwww


「ノンママ白書」まとめページ!


最後に
「ブックマークよろしくお願いします!」


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます