SSブログ

『真昼の悪魔』初老の男・村井國夫の正体はいかに! [真昼の悪魔]

『真昼の悪魔』いよいよですね!

第1話は2月4日(土)スタートです。

さてさて、『真昼の悪魔』の公式サイト

にも様々な情報が出てきました。

主役の大河内葉子女医を演じる

田中麗奈さんのインタビューなんかも

なかなか楽しいですね。

相関図も出ていて、なるほどと思いつつ

一つ、よく分からないところがあるのです。

それは相関図に出ている、初老の男

村井國夫さんの役どころです!

この方です。
村井國夫.PNG
(出典:真昼の悪魔公式ムービー)

今回はその初老の男役の村井國夫さんに

迫ってみますよ^^
スポンサーリンク



『真昼の悪魔』初老の男・村井國夫の役どころ


それでは早速、『真昼の悪魔』初老の男

・村井國夫さんのの役どころを探って

みましょう。

この『真昼の悪魔』の相関図に出ていると

いうことはかなり物語の中で重要な

ポジションであることは分かります。

それは、最初の予告動画にも村井國夫が

映っていることからも確認できます。


それでは、役どころはというと相関図には

矢印も関係性もないので分からず(-_-;

ならば、遠藤周作さんの原作から探って

みますと、これがね~。。。

やはり、原作のストーリーから重要と

思われる初老の男となるとこの人かな?

〝加能純吉〟

誰やねん、この加能純吉!

というツッコミが聞こえてきましたので

説明しましょうwww
スポンサーリンク




初老の男・村井國夫=加能純吉なのか


さて、初老の男は加能純吉だと推理した

わけですが、この加能純吉なる人物の

説明です。ちょっと、ネタバレになる

可能性もあるので、適当にw


『真昼の悪魔』は難波聖人(中村蒼)が

腹部の痛みを訴え病院に運ばれ、

急性虫垂炎だと診断され手術をして

入院するわけです。

原作は違う病気ですけどねw

で、原作を絡めると、難波が寝ている

病室のベッドには前の患者いたのですが

その患者が加能純吉なる人物なのです。

その加能純吉は謎の失踪をして、それを

追っていくと不可思議な事実が浮かんで

くるのです。しかし、これは原作に

基づくもので、今回のドラマでは第1話の

ストーリーを読む限り、そうではないようで。


ストーリーには

「病室を整理していた難波は、引き出しの
奥からメモ用紙を見つける。そこには
病室名と患者の名前が汚い字で雑然と
書かれていた。好奇心を覚えた難波は、
病院の事情に詳しい芳賀に調べて
もらうことに。するとメモ用紙に
書かれた患者は全員亡くなっていること
が分かり、難波は妙な胸騒ぎを覚える。」
スポンサーリンク



あら~、原作の流れとは違うわ

加能純吉説は崩れた~(笑)

そうなんですよ!

初老の男・村井國夫さんが演じるのは

加能純吉ではないですね、たぶん。


ん~、これはドラマオリジナルの

設定だと思われます。

なので、土ドラ『真昼の悪魔』を

しっかりと見ましょうwww

なんというオチwww

万が一見逃したら、やっぱコレでしょ!
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

『真昼の悪魔』まとめページはコチラ
土ドラ第6弾『真昼の悪魔』のまとめページ!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます