SSブログ

新川優愛のドラマ 2018は「いつまでも白い羽根」 [いつまでも白い羽根]

新川優愛の2018年記念すべき初主演ドラマ

『いつまでも白い羽根』

これは新川優愛ファンなら見ないわけには

いきませんよね!

このドラマ、白衣の天使がたくさんいますが

その中でもやはり天使No.1が新川優愛ですね!

ではでは、ドラマの様子などじっくりと

お届けしましょう!

2018注目の女優になるかも^^
スポンサーリンク


2018ドラマ初主演!


今回のドラマは看護実習を通して成長して
いく女性の姿を描いたものです。
そのドラマで新川優愛が初の主演を演じます。

ドラマの内容をざっくりと説明しましょう。

“不本意ながら看護専門学校へ通うことに
なった女性(新川優愛)が、友情や恋、
看護実習を経験する中で成長していく姿を
描いています。
 大学受験に失敗した瑠美(新川)は、仕方
なく看護専門学校に入学します。同級生は
気さくで明るい千夏(伊藤沙莉)、2人の
娘を持つ主婦・典子(酒井美紀)、一流大学
を卒業した藤香(さとうほなみ)ら経歴も
世代もバラバラだったのだ・・・。”
スポンサーリンク




新川優愛、初づくしのドラマ!


今回のドラマ『いつまでも白い羽根』が
新川優愛にとって初主演ということは先ほど
言いましたが、なんと役どころの看護学生役
も初、そのナース服も初と、初物づくしですw

そんなドラマは東海テレビ制作の
オトナの土ドラで、今回は第13弾となる
密かなファンが多いドラマ枠なんですね~^^

ざっとキャストも紹介しましょう。
木崎 瑠美(きざき るみ)
新川優愛

山田 千夏(やまだ ちなつ)
伊藤沙莉

佐伯 典子(さとう のりこ)
酒井美紀

遠野 藤香(とおの ふじか)
さとうほなみ

日野 瞬也(ひの しゅんや)
瀬戸利樹

菱川 拓海(ひしかわ たくみ)
清原翔

山田 健司(やまだ けんじ)
柳沢慎吾

木崎 智子(きざき ともこ)
榊原郁恵

番匠 光太郎(ばんしょう こうたろう)
加藤雅也
スポンサーリンク




ドラマ「いつまでも白い羽根」スタッフ


原 作
藤岡陽子『いつまでも白い羽根』(光文社文庫刊)

脚 本
小松江里子 泉澤陽子

演 出
阿部雄一 谷川功

企 画
横田誠(東海テレビ)

プロデューサー

市野直親(東海テレビ)
島崎敏樹(泉放送制作) 壁谷悌之(泉放送制作)

制作著作
泉放送制作

制 作
東海テレビ放送

補足音楽担当が凄い!!
なんと!!ピアニストまらしぃが担当!!
看護専門学校を舞台に描かれるドラマストーリーをテーマにピアノ曲4曲を書き下ろしており既にドラマ予告映像で聞くことが出来ます。
まらしぃは名古屋在住、ネットを中心に活動するピアニストでその演奏動画総再生数は 4億回を越え、YouTube チャンネル登録者数 99 万人。ネット以外でも TOYOTA 自動車「アクア」TVCM 演奏、昨年は全国 12 箇所約 1 万 1 千人動員のコンサートを完売させる等その活動は多岐に渡り今最も注目される新世代ピアニストです。

これは大注目ですよ。
まらしぃをご存知ない方のために
プロフィールを紹介します。

まらしぃ / marasy
1990 年愛知県名古屋市生まれ、在住。ピアニスト、作曲家。
2008 年から名古屋自宅よりピアノ演奏動画、ライブストリーミングを発信、YouTube チャンネル登録者数 99 万人を越える。
2013 年、TOYOTA 自動車「アクア」TVCM で「千本桜」を演奏。アニメ、ゲーム、ボーカロイド、J-pop、そしてオリジナル…従来のジャンルに囚われない選曲、まらしぃ自身楽しんでピアノを弾くスタイルに日本のみならず世界中の人々が共感、支持される新世代ピアニスト。
http://www.subcul-rise.jp/marasy/
スポンサーリンク





新川優愛インタビュー!


木崎瑠美を演じる新川優愛さんの
インタビューの模様がアップされましたの
早速お届けしましょう。


「いつまでも白い羽根」でドラマ初主演を
果たす新川優愛さん。新川さんが東海テレビ
の連ドラにレギュラー出演するのは昼ドラ
「明日の光をつかめ2」(11年)以来。
実は、その時のプロデューサー、監督が
「いつまでも白い羽根」にも携わっています。
駆け出しの頃の自分を知る皆さんとの仕事、
しかも初主演。今どんなお気持ちでしょうか?


Q.まずは、ドラマ初主演の感想をお聞かせください。
 不安もあったし、自信もありませんでした。
でも“主演だから”と力んで現場に入っても、
いい結果に繋がらないこともあるので、自分
らしく作品や瑠美という役に向き合いたいと
思いました。この役には、この人が決まったよ、
ということを教えてもらうたび、素敵な方々と
共演できることがうれしかったですし、
ほとんどが初共演の方ばかりなので、どんな
やりとりが出来るのかも楽しみです。

Q.「明日の光をつかめ」シリーズのプロ デューサー、監督が手掛ける作品での初主演 ということで、何か思うことはありますか?
 衣装合わせのとき、久しぶりにプロデューサー
の市野(直親)さんと監督の阿部(雄一)さん
とお目にかかったときは、正直恥ずかしくて、
照れくさかったです。挨拶も何だかぎこちなくて。
でも、お二人とも以前とまったく変わって
いなくて、安心できる空気感がすでにそこに
あったんです。初主演ということで、どうしても
肩に力が入っていたんですけど、お二人にお会い
して、ホッとしました。『市野さんや阿部さんに
取り繕ってもしかたないな』と思いました。

Q.新川さん自身、素を出せることもありますか?
 題材的に、プロデューサーさんや監督さんと
しっかり相談することが必要だと思うんです。
看護の仕事、看護師って職業は人との繋がり、
命の重みというものが関わってくることなので。
撮影現場でも相談したいことがたくさんある
はずなので、前から知っている市野さんや
阿部さんには話しやすいし、きっといろんな
ことを相談すると思います。

Q.休むことなく連ドラに出演し、今回ついに 初主演。女優としての成長を感じますか?
 成長ですか!? そういうことを感じるのは、
まったくないですね(笑)。あとから出演した
作品を振り返ることはあります。
出演作のDVDを見て、『あ~、こんなこと
やった、やった』と思いつつ。このときも
大変だったな、自分なりに頑張ったな、と
自分で自分を多少は褒めます (笑)。
ときどき、セリフを覚える時間がないほど
忙しいときがあって、あとで考えると、
『どうやってこの時、セリフを頭に入れたん
だっけ?』と思ってしまうこともあります。
それだけのことをやり遂げられたんだ、と
良い方向に受け止めるようにしていて、
きっとそれは糧にはなっていると信じています。

Q.毎日、撮影でお忙しいですか?
 この作品に関していえば、撮影する分量
やシーン数は確かに多いです。演技だけで
なく、看護学生役なので実習場面ではいろ
いろなことをやります。ベッドメーキング
をする場面があって、コツをつかむまで
大変でしたし、今後、患者さんの心のケア
をする場面も出てくるので、どういう気持ち
で臨まなければいけないか自分なりに考えて、
理解しておきたいです。そういう作業を
しないと、シーンがうすっぺらになって
しまう可能性があるので。演技以外にも
すべきことがたくさんあるのは大変ですが、
それをやりがいに繋げたいです。
ベッドメーキングひとつとっても、実生活で
役立ちそう。そういう経験を仕事で出来て、
ラッキーといえば、ラッキーですから(笑)。

Q.瑠美という人物の見どころは?
 このところ、現代っ子で、おしゃべりで、
明るくて、という役が多かったんです。
瑠美は19歳の割には落ち着いていて、
大学受験失敗という挫折も知っています。
一人の場面も多いので、瑠美の心の揺れや
葛藤もセリフでなく表情で伝わるよう、
演じたいです。一緒のシーンの多い千夏
(伊藤沙莉さん)ちゃんとの場面では、
二人の違いをどんどん出していきたいです。

Q.クランクイン当日、身長の高い新川さん と小柄な伊藤さんのデコボコした感じや、 どこか心を閉ざしている瑠美と、明るい笑顔 を見せる千夏の対比が印象的でした。
 私と沙莉ちゃんのキャスティングは、
いろんなバランスを考えてのものかもしれ
ないですね。二人で瑠美と千夏ちゃんの違い
をいろんなところで出していきたいですし、
お互いがどんな影響を与えていくのかも、
表現できたらいいなと思っています。

Q.瑠美の心情について質問します。 大学受験に失敗して、看護学校を辞めたい と言いながら授業を受け、実習に行き、 看護師を目指すわけですが。 どういう気持ちでいると思いますか?
 “何だかんだでここにいる”って実際でも
ありませんか? 実は私もそういうこと、
結構あります。高校生のとき芸能活動を始め、
何の保証もない世界だから進学のことも考え
ましたが、何だかんだいっていまの状況に
至っています(笑)。
市野さんとも話したんです。
何だかんだいってやっている、って実は
立ち止まっていないよね、と。
“何だかんだ”って意外と進んでいると
いうのは、私の中でも発見でした。
周りに影響され、流れに乗っちゃうことって
結構、多くないですか。今日も千夏ちゃんと
こんなことしたな、とか、瑠美はのちのち
気になる男性が出来てくるので今日もすれ
違えたな、ということがうれしくて、それが
続いての毎日、みたいな感じなんだと私は
思っています。

Q.“何だかんだ”って説得力がありますね。
 私の中でもスッと落ちてきました。
ドラマって劇中で起こる出来事に意味を
持たせがちですけど、意外と日常では意味
のないことが起きているじゃないですか。
ダラダラすることだって、一見意味はない
かもしれません。でもその時間が、明日も
頑張るための活力になっていたりします。
この作品でも、そういう普通の感じ、全部
のシーンに意味を持たせないことで、
かえってドラマにメリハリをつけてくれる
んじゃないか、と感じています。

Q.物語は瑠美、千夏に加え、典子(酒井 美紀さん)、藤香(さとうほなみさん)の 4人の看護学生の姿を描いていきます。 4人の関係性など、どんなところを見て いただきたいですか?
 瑠美と千夏ちゃんは同じ年ですけど、
藤香さんは少し年上で、典子さんは結婚
して、子供までいます。
これだけ年齢や環境がバラバラな人たちが
クラスメートになるもの、専門学校だから
こそ。4人のキャラクターの差がはっきり
しているので、どういう関係性になって
いくのかにも注目していただきたいです。

Q.物語は瑠美の挫折から始まります。 新川さん自身は、何か挫折した経験は ありますか?
 いっぱいありますよ。今日もロケで
太陽が出ない、とか(笑)。そういうこと
でなく、もっと真剣なものですよね?
ありがたいことに挫折らしい挫折は
ないと思います。悔しい思いはたくさん
してきました。納得できないで終わって
しまったこともたくさん。でも、それって
多かれ少なかれ、誰にでもあることだと
思うんです。上には上がいるだろうし。
特技は何ですか?って聞かれると、
書道4段ですと答えるんですけど、
もっと上手な人はたくさんいるし、
私なんかが書道をアピールしていいのかと
つい、思ってしまって。最近、“上には
上がいる精神”になっているので、
『こういうことで挫折しました』とは簡単
には言いたくないです。その代わりに
“選択”はしてきました。
瑠美じゃありませんが、芸能活動をすること
を選んだのは何だかんだいって自分なので。
何が正しくて、何が間違っているのかは、
まだ分からないし、それも無理に決めなくて
いいと思うんです。いま、ここにいて、
目の前にある仕事を精一杯する。
そうやって頑張るだけです。

Q.選択に後悔はありませんか?
 はい。後悔はしていません。でも、いつか
はもともと就きたかった仕事に関することも
学びたいと思っています。

Q.それはどんなことですか?
 このドラマに近いところがあって、介護の
仕事です。高校生の頃、芸能活動が忙しく
なり、断念せざるを得ませんでした。
今回、かつての夢とリンクする部分のある
作品に出合えて、そういう作品で主演という
ことにも感謝していますし、こういうことが
起きるから、人生っておもしろいなって
実感しています。


『いつまでも白い羽根』に関する記事は

こちらにまとめてありますので

お時間ある方はのぞいて見てくださいね^^
『いつまでも白い羽根』まとめページ

ブックマークしてくださいね~!
よろしくお願いします^^

『オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』を無料で見るには
こちらからどうぞ^^


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます