SSブログ

ドラマ「火の粉 第9話」感想! [火の粉]

琴音がとうとう武内を超えてしまったのか!!

まさか、琴音が池本を殺してしまうとは。

ちょっと、想像もしない展開でしたね(^_^;)


それにしても、この先が見えない怖さは

なんなんですかね~。


これぞ、「オトナの土ドラ」の真骨頂

なのでしょうかw


でも、本当に雪見は強いね~!

親友とはなにか・・・ちょっと考えて

しまいましたね。


そして、そこに愛という感情が絡んで・・・。

ん~。。。



裁判のやり直し・・・。

これは、勲の最大限の抵抗だったのだ。



人と仲良くする、人に受け入れてもらいたい




しかしね~、途中で何かが起こると

分かっていながら、それがどこなのか・・・。

いやー、どこで起きるのか、

どこで起きるのかと、こちらが構えると

はぐらかされてしまう(笑)



このドキドキ感はたまりませんでしたね~!




 ・・・スープを武内が持つたびに・・・!!


そんな中で、梶間家のたわいもない、しかし

奥が深い会話が弾む。

なんだか、吹き出してしまいた^^


  「辛い!!!!!!」


なんじゃこれ!????


そして、この『火の粉』の真打登場です。


“バームクーヘン”


人と人との繋がりはここまで

素晴らしいものなのか。

いや、素晴らしいものだと分かってはいるが。



『火の粉』・・・こんな終わり方に

なるとは!!!!


これは、見た人がそれぞれに感じることだから

ああだ、こうだはありませんがね。


ん~、ちょっと最後が綺麗すぎたかな(^_^;)

ドラマ「火の粉 第8話」感想! [火の粉]

武内と梶間家との奇妙な家族関係。

今回の出だしを見ると本当に「ぞっ!」

としましたよ!!


ありえんでしょ~、こんな関係。

それも、尋恵を除いて梶間家のみんなが

分かっていながら、その生活を続けるという。


いやはや、ここまで来ると現代社会からも

逸脱してますよねwww


しかし、琴音も変わってきましたね!

なにか武内を超える勢いが!!



そして、意外にも池本が現れるとは・・・。

前回からは原作とは全く異なる展開で

先が読めないから、それがある意味楽しいですね。


流石、テレビの脚本は面白みが増すように

よく考えられていますね^^


それにしても、武内の観察力は

凄まじいですね!!

そこまで見抜くのか!!


人って、危機が迫っている時に

そこまで冷静に周りを見れるんですかね。

感心してしまいますwww


徐々に「オトナの土ドラ」の「オトナ」って

部分が濃くなってきましたね。

これは、やっぱり「オトナ」じゃないと

ちょっと面白さが分からないかもしれませんね。



『火の粉』第8回で分かったこと、それは


やっぱ、女は強~い!!怖~い!!(爆



以上、『火の粉』第8話の感想でした~^^


⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ『火の粉』ストーリー 最終話 ネタバラシ! [火の粉]

最後の晩餐

『心のこもった贈り物』
 武内(ユースケ・サンタマリア)と雪見
(優香)の目の前で、池本(佐藤隆太)が
琴音(木南晴夏)に刺し殺された。
武内は、自分のために邪魔者を消してやった
のだと打ち明ける琴音を冷たくあしらう。

一方、事件を目撃した雪見は、警察から事
情を聴かれることに。

その後武内は、引っ越してきた初日のよう
に、たくさんの品物を携えて梶間家を訪問
する。

相手のことを真剣に考えた末の、心のこもっ
た贈り物…。

しかし、勲(伊武雅刀)、尋恵(朝加真由美)
、俊郎(大倉孝二)は、拒絶の眼差しを
向ける。

「皆さんとやり直す、これが最後のチャンス
だったんです!

」武内の怒号に怯えて、泣き出すまどか
(庄野凛)。

彼女にすがるように近づく武内だったが、
そこに俊郎が立ちはだかる。


                                        
『“再審”』
梶間家の奥の部屋で、武内は椅子に縛ら
れていた。
その目の前にいたのは、勲。「開廷します」
狂気に駆られた目でそう宣言する。

かつての的場一家、勲の母、関弁護士(迫田
孝也)、そして琴音の元夫…。

勲は武内を、彼ら全員に対する殺人の罪で、
私的に裁こうと考えていた。

武内は、勲こそ絶望の淵にいた自分を救って
くれた恩人だと主張。
勲になら何をされても後悔はないと吐露する。

そんな武内に勲が言い渡した判決は…
「主文、被告人を死刑に処する!」


『最後の晩餐』
 感情をむき出しにした勲に、武内の心も
揺れ動く。
「琴音さんと、自首します」過去の罪を認め、
警察に行くことを決意。

しかしその前に、どうしても梶間家で最後に
食事がしたいと懇願する。

その気持ちを受け入れたのは、雪見と尋恵。

料理を梶間家で作ることを条件に、最後の
晩餐を受け入れる。

その夜…手作りのバウムクーヘンを手に
真剣な表情で訪れる殺人犯。

そして豪勢な食事を作り、待ち受ける梶間家
の面々。
それぞれの思惑は…?響き渡るのは食器の
音のみ。

世にも奇妙な、最後の晩餐が始まった…。


どうしたことでしょう!!
ここに来て、展開が読めなくなりましたよwww

ちょっと、サスペンス感が増してきました!
最終話はやはり見逃せませんね^^

ドラマ『火の粉』ストーリー 第8話 ネタバラシ! [火の粉]

切り札は“あの男”!?


『偽・幸せな家族』
 食卓は笑顔に満ちていた。
  雪見(優香)、勲(伊武雅刀)、
  尋恵(朝加真由美)、俊郎(大倉
  孝二)、まどか(庄野凛)、そして、
  武内(ユースケ・サンタマリア)…。

  事情を知らぬ人から見れば、一家は
  非の打ち所がない幸福な家庭そのもの。

  しかし、それはすべて演技。
  やがて我慢の限界に達した雪見が、
  バウムクーヘンをたたきつける。

  ところが尋恵はただ1人、武内に
  心酔しきっていた。
  「この幸せな生活を楽しんで何が悪いの?」
  そう呟く尋恵に、雪見や勲は言葉も出ない…。


『憎しみの向こう側』
 武内から「家族になれない」と拒絶
  された琴音(木南晴夏)。

  雪見は、彼女の沈んだ目にたじろぐ。
  武内への想いを募らせる琴音は一人、
  家族のように武内と毎日過ごせる梶間家の
  人々を羨んでいた。

  その羨望は、やがて憎悪へと変貌を遂げる。
  戸惑いを隠せぬまま家路につく雪見。
  
  ふと足を止めた彼女の視線の先には、武内
  との対決以降、行方不明となっていたかつて
  の事件の遺族・池本亨(佐藤隆太)らしき
  人影があった。
 

『大逆転!?』
 戸惑いながらも、勲と連絡を取り合い、
  池本の件を伝える雪見。
  「彼はきっと、武内だけでなく、私たちの
  ことも恨んでいるはずだ…」勲は後悔の念
  を強める。

  そして2人が梶間家に戻ると、家の中では
  信じられない光景が広がっていた。

  拘束される俊郎と尋恵、そして憤怒の表情を
  浮かべる池本と武内の姿…。

  一体4人に何があったのか?

  やがて事態は思いもよらぬ方向へと転がることに…。




これはこれは!!

いったい、どうなっていくのか!?

ん~、ますます先が読めない展開に

なってきましたよ。

しかし、まさかの池本さんが戻ってくるとは!


中盤から後半にかけて盛り上がりますね~^^


⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ「火の粉 第7話」感想! [火の粉]

土ドラ『火の粉』も早くも第7話が

終わってしまいました。

早速、第7話の感想など^^




武内が言った言葉

「人の好意を無下にすること、裏切ることが

どれほど大きなことなのか。それに比べたら

的場一家の殺人なんてちっぽけなこと・・・」


自分で認めた武内だが・・・。


梶間家は、勲と雪見VS尋恵と俊郎

対立は深まるばかりですね!怖~(^_^;)

あっ、忘れてた。尋恵と俊郎チームには

琴音が加わってましたね。


そして、またまた武内の罠に全員が

はまりました!!


☆続きはコチラ!☆


ドラマ「火の粉 第6話」感想! [火の粉]

雪見(優香)がとうとう真実を

知ってしまいましたね。

勲(伊武雅刀)も武内(ユースケ

サンタマリア)に完全に押さえ込

まれてしまってますね(^_^;)


一度は武内を信じかけた雪見ですが

これからさらに対決が深まって行く

でしょうね!



それにしても孤軍奮闘の雪見ですが

誰か本気で応援する人は現れないん

ですかね。

勲もビビりあげてるからねw



琴音もとうとう武内に巻き込まれた

というか、自ら飛び込んだ形になって

しまいましたね。


心配すればするほど、行動すれば

するほど雪見は味方をつくるどころ

か、敵を作ってしまう悪循環。


負のスパイラルじゃないですが

どんどん泥沼の底へ・・・。


それにしても、武内という男は

段取り良すぎでしょうwww

いつも思うけど、それが別の

方向に活かせていたらね~。


さぁーて、来週はどんな展開になるのか。

予告にあった最後の雪見の言葉が

引っかかります。


「武内さんは家族ですから・・・」


ひょえーーー、怖いよ~~www


⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ『火の粉』ストーリー 第7話 ネタバラシ! [火の粉]

愛の説教部屋

『恐怖のマッサージチェア』
 梶間家では、尋恵(朝加真由美)が
  新品のマッサージチェアに満足そうな
  様子で座っていた。

  それは武内(ユースケ・サンタマリア)
  からのプレゼント。
  居間に鎮座する大きなマッサージチェ
  アを俊郎(大倉孝二)が邪魔扱いする
  が、武内の報復を恐れる勲(伊武雅刀)
  はそれに激高する。

  ところが数日後、勲の心配など露も知
  らぬ尋恵と俊郎は、空き部屋にチェア
  を移動させてしまう。

  それを武内に見られてしまった勲は必
  死に弁解するが…。
  「お気に召しませんか?」武内の目に、
  勲は戦慄する。



『ヨーロッパ出張』
 仕事の都合で、1週間ほどヨーロッ
  パに出張に行くという武内。
  その留守を狙い、雪見(優香)と勲は、
  武内の本性を知らない尋恵と俊郎に、
  事実を告げる。

  「もし武内の好意を無下にすれば…
  皆殺しにされるんだ。
  的場さん一家のように!」

  しかし、その事実を知らされた尋恵は、
  思わぬ反応を見せる。

  「家族を何だと思っているの?ずっと
  私たちのことを騙していたの?」
  真実を告げたことで、逆に家族がバラ
  バラに…。

  そして尋恵は、荷物をまとめて家を出
  て行ってしまう。



『個人面接』
 危機を迎えた梶間家に、再び武内が
  現れる。
  「放っておけるわけがない!皆さん一
  人一人と話をさせてください!」

  家族それぞれの思いを吐き出させるため、
  一人ずつ奥の部屋に呼び出し、話を聞く
  武内。

  しかし、その真の目的は…?




だんだんと武内の本性が見えてきますよ!!

あなたはこの戦慄に耐えれますかw


⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ「火の粉 第5話」感想! [火の粉]

オトナの土ドラ『火の粉』も中盤ですね!

原作とは少し違った展開が

始まったようで、興味津々です^^



勲がだんだんと揺れ動いてきましたね。

仕事上の関係から家族へ・・・。

仕事上の関係から友人へ・・・。


これが、両者とも同じ認識なら

問題もないとは思いますが、

一方のみがそう思い、他方はそうは思わない・・・。



「お気に召しませんか」

いや~、このフレーズが武内から出てくると

恐怖感が増しますね~(・・;)



そして、とうとう勲が武内を疑っていることを

認めてしまいましたね。

裁判官にとって、事件は対岸の火事だったのに

今、まさに、その火事の「火の粉」が

降りかかってきたのです!!


しかし、この梶間家はごくごく普通の

家族に思えますね。

色々と家族間の問題が出てきますが

これも普通の家族だからこそでしょうね。



でも、ここに武内が関わってくると

これがまた、変な方向に行ってしまうんですね。

何とも、「なんで、そうなるの!?」ですwww



元裁判官といえども、自分を守るためには

犯罪も犯してしまうんですね。

それも武内は見越しているから、恐ろしいんですよね!!


そりゃそうですね~。

これで、もう泥沼ですよ!


とうとう、武内と勲は過去を共有してしまいました。


これは、はっきり言って、予想外でしたね。

まさかの展開でした。


それにしても、武内はキレますね~!

次の行動が早いですわ。



第6話、これは見逃せませんよ。

ん~、一週間が長い!www


⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ『火の粉』ストーリー 第6話 [火の粉]

オトナの土ドラ『火の粉』

第6話は5月7日(土)よる12時10分スタート!

  ※注意してくださいね。
   通常の時間帯とは違います!


それでは早速、第6話のストーリー、あらすじを!


悪魔の恋?


『消えた弁護士』
 かつて武内(ユースケ・サンタマリア)の無罪を
  勝ち取った弁護士・関(迫田孝也)が行方不明に。
  彼の事務所には血痕が残っていた。
  勲(伊武雅刀)は武内が殺めたに違いないと疑う。
  しかし、完全に武内に取り込まれている妻・尋恵
  (朝加真由美)は、警察に対して嘘のアリバイ証言
  をして武内をかばってしまう。


『告白』
 義父・勲の様子がおかしいと気がつく雪見(優香)。
  武内のことで家族に隠し事をしているのではないかと、
  勲を問い詰める。
  雪見の追及に押された勲は、ついに重い口を開く。
  武内は無実ではなく、自分の判決は間違っていたのだと…。
  「なんで黙っていたんですか!」と激高する雪見。
  しかし勲は、ほかの家族には絶対口外しないよう懇願し、
  雪見も困惑してしまう。


『新たな“敵”』
 武内に好意を寄せていた琴音(木南晴夏)が、突然
  彼に別れを告げる。
  何があったのか、無機質な瞳で問う武内。
  翌日、彼はある男を訪ねる。
  それは、琴音の別れた夫・稲葉(渋江譲二)だった。
  実は琴音の痣は、稲葉から受けた暴力が原因だったのだ。
  元夫からの暴力と、武内の存在。
  雪見は琴音の立場を複雑な思いで見守るが、琴音は
  武内の優しさにますます惹かれていくようになる。
  そして2人は、稲葉に対し、ある驚きの計画を立てる…。

(公式HPより)


おっと!!第6話は原作にはない展開に広がってますよ!
これは見逃せませんね。

やはり、琴音は一つのキーマンになっているようですね。
さてさて、いったい、どう展開するのか!

楽しみです^^



⇒『火の粉』最新情報まとめ

ドラマ『火の粉』ストーリー 第5話 [火の粉]

オトナの土ドラ『火の粉』

第5話は4月30日(土)よる11時40分スタート


それでは早速、第5話のストーリー、あらすじを!



そして、また一人消える…。


『失踪』

 武内(ユースケ・サンタマリア)の罪を暴こうとし、
   失敗した池本(佐藤隆太)が失踪した。
   彼の妻・杏子(酒井若菜)は、池本は武内に殺され、
   遺体が武内家の中にあると主張。
   深夜に武内が大きなスーツケースを運び入れるのを
   目撃していた勲(伊武雅刀)は、言葉を失う。
   一方、梶間家へと戻った雪見(優香)は、ギクシャク
   しながらも以前の生活を取り戻しつつあった。
   雪見と武内の微妙な距離感を気にしていた琴音(木南
   晴夏)は、これまで以上に武内との関係を深めていく。
   しかし雪見は、琴音の顔に痣のような跡があるのに気付く。



『判決の苦悩』

 武内にすっかり心酔している俊郎(大倉孝二)は、勲の
   裁判官時代の苦労話を彼に聞かせる。
   勲は武内の裁判よりも前に一度だけ死刑判決を言い渡し
   たことがあり、その責任の重圧から胃潰瘍となり、休職
   したことがあったのだった。
   実は勲は、武内のことを信じたのではなく、単に誰かを
   死刑にするのが嫌だったのではないか…、俊郎の見立て
   に武内は笑顔で応えるが、その目に笑みは無かった。



『恐怖のネクタイ』

 「今日は記念日です」梶間家を訪れた武内は、そう言って
   姿勢を正す。
   その日は2年前、勲が無罪を言い渡した日だった。
   感謝の言葉を並べながら武内が取り出したのは、1本のネ
   クタイ。
   これに勲は激しくうろたえる。
   かつて、武内が一家を殺害した動機とされたのが“彼の贈
   ったネクタイを相手が気に入らなかったから”だったのだ。
   自分が裁いた凄惨な事件と似た状況に追い込まれた勲。
   そこで彼は、意を決して武内の家に忍び込む。
   そして、件のスーツケースを開けようとするが…。

(公式HPより)




何故か、武内の周りから人が消えていく・・・
そして、次にいなくなるのは





あなたかも!!

なんちゃってwww


でも、恐怖感は高まってますよ!

どうなるんでしょうね~^^


⇒『火の粉』最新情報まとめ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます