SSブログ
朝が来る ブログトップ
前の10件 | -

朝が来る 最終話 ひかりは・・・ [朝が来る]

ひかりの母親はひかりに

キラキラ輝く娘になって欲しい・・・。


そんな願いが真っ直ぐ伝われば

いいものをそうならなかった。

そして、娘に対する思いが歪んでいく。

最初から娘を思わない母親なんて

いないんですよね。

でも、それがねじれてしまうことも。


闇をさまよい続けるひかりは

何処に向かっているのか。

早くひかりの指す方向に

向かって欲しい。

本当にそう思う・・・。


人は諦めたら生きていけない。

真っ直ぐ生きていたら

きっと良い事もある。


そんなことを考えながら

この「朝が来る」最終話を

見ていました。


それはそうと、香澄ちゃんは

イイ女になったね~w

いやいや、最初は不倫をたぶらかす

悪い女かと思いきや、実は・・・。


このドラマ、原作とは回を追うごとに

変わってきて、面白さが増すと同時に

原作に感じたものはなくなって

きましたね。

それが良いか悪いかは別にして。


それにしても、ひかりは大切にしていた

貯金箱もなくしてしまい。

希望もなくしてしまい、本当に

どうなるんだろうかと。


栗原家の前を通り過ぎるひかり。

朝斗の広島のお母ちゃんに対する

思いも、素晴らしかったね!

あんなふうに育てられて、本当に

幸せだね。


佐都子が川に飛び込もうとした

ひかりを抱きしめた時

朝斗くんがひかりに四葉のクローバーを

差し出した時



ひかりの闇は開けたのです!



ありがとう




やっぱり、最後も涙だな~


けんにいにも朝日が差したのです。

ひかりもけんにいも

これからがスタート。


長い夜も必ず明ける。

やっぱいいね~!

明けない夜はない。

例えそれがどんなに長くても。

諦めなければ必ず明ける。


どれだけの人にこれが伝わったかな。

たくさんの人に伝わっていることを

願うばかりです^^


「朝が来る」これにて終わります。

『朝が来る』最終話ストーリー [朝が来る]

『朝が来る』いよいよ最終話です。

一向に出口が見えてこない

ひかり(川島海荷)ですが

最終回で本当に出口が見える

朝が来るのでしょうか!

様々な立場にある母親の思い。

ひかり、佐都子、浅見、片倉咲子

後藤香澄、白川朱美、星野理沙

平田コノミ、このドラマで出てきた

女性はほぼ母親なのです。

立場、思いは全員異なりますが。

最終話、見逃せませんよ。

それではストーリーを公式HP

から引用します。




■懇願

 ひかり(川島海荷)と健太(小野塚勇人)

は警察に行くつもりだった。

犯した罪を償い、もう一度ゼロからやり

直すために。

しかし、そんな二人の前に坂上(山田将之)

と権田(鈴之助)が立ちふさがる。

ひかりに逃げるよう言う健太。

と、そこに朱美(MEGUMI)が出て来る。

「もうやめて」

 坂上に懇願する朱美。

その手には包丁が握られていた。

「この子たちを解放してあげて」

 そう言う朱美に、坂上は……。



■赦しの光

 一方、浅見(石田えり)とともに片倉家を

訪れていた佐都子(安田成美)は、健太が

事件を起こし、ひかりが再び姿を消したこと

に呆然としていた。
 
 そんな中、母の咲子(赤間麻里子)は

「どこまで迷惑をかけるつもりなのか」と

再び娘を拒絶する。

そんな咲子に長女の茜(小島梨里杏)が

過去の罪を告白する。

咲子の財布からお金を盗んでいたのは

ひかりではなく自分だったと……。

 「ずっと黙っているつもりだった。

でもこのままじゃひかりを永遠に

失っちゃう気がして……」

 佐都子は咲子に『きらきら星』が

朝斗(林田悠作)の一番のお気に入り

であることを伝える。

ひかりさんの愛情は、今も朝斗に

伝わっている、と。

それを聞いた咲子は……。



■朝は来るのか……
 
 佐都子はひかりの行方を捜していた。

しかし、一向に手がかりすら

つかめない中、佐都子と清和

(田中直樹)の元にひかりから

手紙が送られてくる。

そこには片倉ひかりのことは

忘れて下さいと書かれていた。

 “14歳の時の私はもういない。

朝斗君にも愛情を持っていないし、

産んだことも忘れたい”

 ひかりが敢えて朝斗から

遠ざかろうとしていることに

気付く二人。

 6年前、ひかりのお陰で朝斗を

迎え、幸せを得ることが出来た

佐都子たち。

その裏で影を背負い、暗い

トンネルの中、もがき続けたひかり。

 果たして、すべての人間たちに

朝は再びやって来るのか……。

⇒『朝が来る』 まとめページ!

朝が来る第7話感想 [朝が来る]

朝が来る第7話は「本当に求めていたもの」

でしたね。

幸せな家庭がある一方で

そうでない家庭もある・・・


人間は自分が経験していないことに

対しては、本当に想像力が働かない

ものですね。

「百聞は一見にしかず」と言いますが

聞いたことはなかなか自分のものとして

受け入れるのに時間がかかるものですよね。


でも、少しづつでも理解していけるのも

人間ですよね。

理解して解決策を見いだせるから

朝が来るんですね^^


しかし、なんですな、第7話は

子どものパワーをひしひしと

感じた回でしたね!

毎回感想を書いてると、知らない

うちに最初に持っている感想が

だんだんと変わってくるんですよね。

なんて説明したらいいのか

よく分かりませんが(^_^;)


強いて言うなら、香澄の心の

変化に似ているのかもしれませんw

いやー、しかし、香澄はカワイイ

ですよね!ここに来てファンに

なりそうですwww



一方、ひかりとけんにいは

なかなか出口が見えてきませんね。


最終回が楽しみです^^



それより、ひかりの母親・・・。

ひかりのことを母親として

どう捉えているのか。

やはり、人が変わるには時間が

かかるんですね。

でも、変われないことはないんです。



『朝が来る』も次回が最終回。

予告を見ても、ひかりに朝が来るのか

どうか。まだ分かりません。

どのような結末になるのか!

最後はどうなるの~~~!!!!!!


感想は以上。

最終回、お見逃しなく^^

『朝が来る』 まとめページ!

土ドラ『朝が来る』第7話ストーリー [朝が来る]

☆何でそんなに強いんですか?

 ベビーバトンの説明会で気分が悪くなった

香澄(佐津川愛美)を佐都子(安田成美)

たちは栗原家で休ませる。

体調も戻り、起きてきた香澄。

朝斗(林田悠作)の可愛らしい笑顔に胸を

つかれ、栗原家を包む暖かな家族の空気を

肌身に感じる。

しかし、話が妊娠のことに及びそうになる

と香澄は再び心を閉ざして……。

 翌日、佐都子は香澄にとある場所に呼び

出される。

そこはいつも清和(田中直樹)がタバコを

吸っていた“秘密の場所”だった。

清和への秘めた想いを打ち明ける香澄。

その上でさらに佐都子に問いかける。


「佐都子さん、何でそんなに強いんですか?」





☆すれ違う母と娘

 一方、ひかり(川島海荷)は、健太

(小野塚勇人)が坂上(山田将之)の

元で振り込め詐欺の手伝いをしている

ことをつきとめる。

ひかりのために健太が詐欺に加担して

いると知るひかり。

自分のせいで健太が苦しむことが

耐えられず、意を決して実家である

片倉家に電話をかける。

ひかりからの突然の電話に驚く

咲子(赤間麻里子)。

「大事な人を救いたいの。

だからお金を貸して下さい。

一生のお願い……」

 懇願するひかり。

しかし、返ってきた言葉は辛辣な

ものだった。

「あなたに渡すお金なんかないわ」

 それでも一縷の光を求めて母に

すがるひかりだったが……。





☆それぞれの決着へ……まだ見えぬ明日

 何とかひかりを救いたいと考えていた

佐都子は浅見(石田えり)に相談をし、

ついにひかりの母親に会うことになる。

家の前まで来る佐都子たち。

しかし咲子の反応は……。

 一方、清和は香澄に呼び出されていた。

そこでひとり、花火をしている香澄。

おもむろに「家族を恨んでいた……」

と告白し始め……。

 そんな中、健太とひかりは二人で

生きる覚悟を決めようとしていた。

しかし、二人にさらなる悲劇が

襲いかかって……。



オトナの土ドラ『朝が来る』第7話では

ひかりとけんにいの闇はまだまだ深く

なっていくようですね!

家族の温もりが一向に感じられない

状況となっているようです。


そして、香澄の方も、闇に入ってしまい

どっちに進んでいいのか分からなくなって

いるようですね。


佐都子や清和の思いはどんな風に

人を変えて、そして動かして行くのでしょうか!


⇒『朝が来る』 まとめページ!

朝が来る 第6話「すれ違う心と新たな絆」感想 [朝が来る]

朝が来るの感想は難し~www

今、第6話が終わったばかり・・・

後残すは第7話と第8話のみ。


おっとっと、脱線しかけた。

第6話の感想でしたね。


しかし、朝斗くんはすくすく伸びやかに

育ってますね。感心します^^

保育所での朝斗くんの発表は

心の底から素晴らしいなと思いました。

マジで泣けてきましたよ!


まぁー、朝斗くんも素晴らしいのですが

やっぱ、朝斗くんを育てた佐都子と清和も

素晴らしいですね。

親になる覚悟を持った人は

しっかりと親になるんですね。

それが例え、血が繋がっていないとしても

親子にはなれるんです^^


それとは逆に、ひかりのお母さんは

どうしたんでしょうね・・・。

自分の子どもを何で判断してるのか。

もう、浅見さんと電話で会話をしている

のを聞いていると、イライラいらいらして。

なんじゃコイツは!と、思わず・・・www


家族って、やっぱり、本当に良いものです^^



七夕にあなたは何を願いましたか^^


子どもの幸せ。

親の幸せ。

自分だけのこと・・・。




話しは変わって、MEGUMIが演じている朱美は

心の優しい人だな~ってのが、今回感じた

感想なんですが、これからひかりにとって

大きな味方になってくれるような気が

するんですよね。

予告には一切出ていないんですが、きっと

出てきますよ!なんだかそんな気が・・・。

これは、どうでもいいことかwww


さっ、次回は大きく事態が動きますよ!

残り2回ですが、オトナの土ドラを

楽しんでいきましょう^^


⇒『朝が来る』 まとめページ!

土ドラ『朝が来る』第6話ストーリー [朝が来る]

■夫の抱える思い
 
 今ある幸せは、片倉ひかり(川島海荷)

さんから授かったもの。

 6年もの間、清和(田中直樹)が抱え

続けてきた思い。

それを知った佐都子(安田成美)のもとに

浅見(石田えり)から、ベビーバトンの

説明会で養子を迎えた話をして欲しいと

頼まれる。

清和への思いもあり佐都子は一瞬ためらう

が、そんな佐都子に浅見は「良いことも

悪いこともそのまま話してほしい」と言う。



■見えない明日

 一方、ひかりは朱美(MEGUMI)が書いた

七夕の短冊から、朱美には樹という亡く

なってしまった子供がいたことを知る。

最愛の子を病気で失い、生きることすら

億劫になった朱美を救ったのは、出産前

に蒔いた種から出た、たった一葉の

百日草の芽だった。

 「一度狂った歯車は、そう簡単には

戻せない。それでも種を蒔いて明日を

生きるしかないんだよ」
 
 朱美の言葉を噛みしめるひかり。

しかし、そんな中、坂上(山田将之)

の元で詐欺の手伝いをしている健太

(小野塚勇人)は苦しみの最中にいて…。



■香澄の葛藤、清和の懊悩

 幼少期の母親との関係のせいで

母になることに怯えを抱く香澄

(佐津川愛美)は、不倫相手との子

を中絶するかしないか迷っていた。

そんな香澄を清和は食事に誘う。

 無責任に産めば子供が不幸になる、

と考える香澄は清和に中絶同意書

をつきつける。

 「育てられないのになぜ産む

のか。俺には否定できない……」

とつぶやく清和。

 清和はひかりに感謝していた。

朝斗(林田悠作)を産み、その

笑顔に出会わせてくれたことに。

 答えのない苦しみを抱えた二人。

清和は、香澄をベビーバトンの

説明会に誘うが……。



■会場へ

 数日後、佐都子は、清和・朝斗

とともに、会場を訪れていた。

 浅見に紹介された佐都子たちが

聴衆の前に着席。

そして、それぞれの思いを胸に

ベビーバトンの説明会が始まろう

としていた……。

(公式HPより引用)



今回は、ちょっと内容が濃そうですよ!

育てられないのに産むということ。

それによって、救われる家族が

あるということ。

そのどちらの立場に立つのか。

その真の意味を理解できるのか・・・。


オトナの土ドラ『朝が来る』第6話は

7月9日よる23時40分からです。

お見逃しなく^^



⇒『朝が来る』 まとめページ!

「朝が来る 第5話」感想! [朝が来る]

オトナの土ドラ「朝が来る」も

早くも第5回が終わりましたね。

さてさて、それではその感想でも

行ってみましょうかね^^



☆ヒカリチーム

ひかりとけんにいは借金取りから

逃れようと必死になればなるほど

どんどん泥沼にはまっていってますね。


しかしまぁー、借金取りの坂上、この

男は好かんな~。こんなやつ好きなやつは

おらんかww

いやいや、おったりして・・・怖~(^_^;)

それと、子分の権田ね、この男もあかんわ。

もろパワーのみじゃないかwww


この権田役の人、鈴之助って人ですけど

どこかで見たような見てないようなw

ちょっと気なったのでググってみたら

映画はもちろん、テレビにもかなり

出てますね!!他にはCMやらラジオやら。

どうりで、どっかで見たことあるはずだわw

☆続きはコチラ!☆


『朝が来る』のキャストで吉岡とは!? [朝が来る]

朝が来る、本日は第5話ですね!

この土ドラ「朝が来る」では毎回新たな

キャストが出てきているような。

それも、ドラマオリジナルのキャスト

なので、実はちょっと次はどんな

キャストが出るのかと、期待感が

膨らんでます^^

そんな中、“吉岡”なるキャスト

検索されているようで・・・。


んっ?「吉岡」って誰?

キャスト名か、それとも俳優名か?

まさかのどっとでもない!?www


いやいや、実は現在のところ不明です(^_^;)


これって、もしかして「あさが来た」と

ごちゃまぜになってるかも!




「あさが来た」ではたしかに吉岡里帆さん

という方が、新しいキャストで話題に

なっているようです。

彼女は芸能界デビューしてまだ1年くらい

だとか。最近露出が増えている注目の

女優さんのようですね。

「あさが来た」も人気の歴ドラですから

吉岡里帆さんの話題も盛り上がって

いるようです。



でも、これも2月ころの話ですからね。

今現在は落ち着いているとは

思うのですが。


「朝が来る」と「あさが来た」

タイトルが似てますからね。

いろいろととり間違えてることも

ありますね。


さてさて、結局のところ、朝が来るの

キャストでは現在“吉岡”に該当する

人がいません。

もしかしたら、第6話くらいに出てくる

かもしれませんので、ちょっと気には

止めておきましょうかね^^


そうそう、「朝が来る」の相関図が

更新されていたので、参考のために

掲載しておきますね。
相関図2.PNG
(出典:公式HP)





『朝が来る』 まとめページ!


『朝が来る』のロケ地、広島屋はここだ! [朝が来る]

オトナの土ドラ『朝が来る』は早くも

第4話が終わりましたね。

もうすぐ第5話が始まります!


第4話でひかりとけんにいが連れて行かれた

のは「広島屋」という食堂でしたね。

ここで謎の女・白川朱美(MEGUMI)が

初登場です。どんな役柄なのか、興味津々

ですね。


で、この食堂の「広島屋」ですが、ロケ地の

一つだと思ったのですが、まさか一般の

お店を名前も変えずにロケ地にしてとは

思いませんでした。


前作の『火の粉』でも、お店とか使ってましたが

確か名前は変えてましたよね。

変えてなかったかな?忘れたwww


まっ、ともあれ、『朝が来る』4話に出てきた

ロケ地「広島屋」をちょっと調べてみました^^

広島屋.PNG

☆続きはコチラ!☆


土ドラ『朝が来る』第5話ストーリー [朝が来る]

土ドラ『朝が来る』第5話は

7月2日土曜日23時40分から

放映されます。

お見逃しなく。

見逃したら、ティーバーですよ^^

詳しくはコチラ

⇒フジテレビの土ドラ『朝が来る』再放送は?見逃したら?



それでは早速第5話のストーリーを



■朝斗に息づく想い

 佐都子(安田成美)は、朝斗(林田悠作)とともに、

広島から帰宅する準備をしていた。

そこに来る浅見(石田えり)。

朝斗がおもちゃのピアノを弾いているの

を見て思わず呟く。

「きらきら星……この曲、ひかりちゃんも

  よく弾いてました」

朝斗の中にひかりの想いが息づいていることを

感じる佐都子。

 一方、その頃、清和(田中直樹)は香澄

(佐津川愛美)に誘われバッティングセンター

に来ていた。

佐都子と朝斗の広島行きを素直に認められない

自分に苦悩する清和。そんな清和に香澄は……。



■本当に欲しかったもの

 ひかり(川島海荷)と健太(小野塚勇人)が

坂上(山田将之)に連れられてやってきたのは、

白川朱美(MEGUMI)が営む定食屋だった。

坂上の真意が分からず不安になる二人。

しばらくして、健太は坂上とともにとある

雑居ビルに向かう。

そこには見知らぬ男たちが集まっており、

デスクには電話が置かれていて……。

 一方、朱美はひかりに対し、「子供の

こと考えたら、お金盗むなんてバカなこと

しないでしょ」と冷たく放つ。

何も言い返せないひかり。

本当に欲しかったものはお金じゃなかった。

本当に欲しかったものは……。



■悲痛な想い

 数週間前――ひかりは栗原家の前に立っていた。

 大切に思っていた「ちびたん」の家族を

なぜ脅かすことになったのか……

そこには逃れる事の出来ない運命の悲劇と、

そこに隠されたひかりの痛切な悲しみがあり……。

(公式HPより)
第5話.PNG


佐都子チーム、ひかりチームとも、また新たな

局面に!目まぐるしく話しは進み、いや戻り・・・。

オトナの土ドラ、深まっていきます^^


⇒『朝が来る』 まとめページ!
前の10件 | - 朝が来る ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます