SSブログ

土ドラ『朝が来る』のロケ地は呉近辺! [朝が来る]

土ドラ『朝が来る』は早くも第2話ですね。

第1話を見るとロケ地の一つは広島県・

呉市近辺でしたね。



原作・『朝が来る』辻村深月著でも片倉

ひかりが出産する場所は広島となってい

ました。


第1話が始まるまでは、広島のロケ地は

宮島近辺になるんじゃないかと勝手に

想像していましたw



☆原作から想像すると呉ではなく宮島に

広島のロケ地が呉ではなく、宮島近辺と

予想していたのには、実は根拠があった

んです。


それは、原作を読んでいた時に、そう

想像して思ったのです。


一人で広島駅に降り立ったひかりは

改札口でベビーバトン代表の浅見と

落ち合います。

そして、路面電車に乗り、街を通り

過ぎ、海が見えてくると書かれて

いました。

海に面した小高い丘にひかりが

出産するまで過ごすアパートが

あるのです。

路面電車で海が見えるところまで

行くには宮島方面なんですよね。

もしくは元宇品を通過する広島港

方面ですが、こちらはあまり海が

見えない。

やっぱり、宮島方面でしょ^^

こちらは海がバッチリ見えるし

小高い丘もあって、原作を読んで

いたら、イメージはズバリだった

んですよ!


ただ、最近はちょっと垢抜けて

きてるところが気になる点で

したが(^_^;)


まっ、原作通りでないのがドラマの

魅力でもありますから、それで

良いのですが^^


☆ロケーション的には呉方面がナイス!

ロケーション的には呉方面もあり

だなとは思っていました。

ベビーバトンの寮(アパート)は

さびれた団地で、古くて、コンクリート

にはヒビが入っているって感じです

からね。


そんなさびれた感は今回ロケで使わ

れた「仁方駅」や蒲刈島付近は

バッチリですから!

あっ、住民の方、気を悪くしないで

くださいね。昔ながらの良いところが

たくさん残っていて素晴らしい

ところなのはよく知っているので^^


瀬戸内の景色はホント素晴らしい

ですからね!!


そして、そんな素晴らしい景観の

中にありながら、ちょっと訳ありの

人たちが暮らすベビーバトンの寮。


ん~、そんなこんなを考えると

「朝が来る」広島ロケ地のベストは

今回使われた呉方面でしょうね。

やはり、色々と考えてドラマも制作

されてます^^

⇒『朝が来る』 まとめページ!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます