SSブログ

『ノンママ白書』最終回のあらすじ [ノンママ白書]

ノンママ白書、最終回は9月24日(土)

のよる11時40分からの放送です。

泣いても笑ってもこれが最終回ですから

心してみましょうw


しかし、このドラマは様々な話題を

始まる前から提供しましたね!

中にはこんな意見の人もいたようです。

「あー、気分が悪い!見て損した!

俺の時間を返せ~~!」

なんてのもあったようですが(^_^;)


しかし、まぁー、ノンママというテーマに

取り組んだことはそれはそれで評価すべき

ところがあったと思うのですがね^^

まっ、何はともあれ、ノンママ白書は

最終回を迎えました。

最終回のあらすじはこちらになります。

ノンママ白書、最終話からあらすじを

引用しています。
スポンサーリンク



本城と一緒に独立するか、会社に残るか

――葛藤の中、答えを出した土井。

そんな中、ワーママ野村の時短勤務による

しわ寄せでルナが過労で倒れるという

不測の事態が......。

部内の不満は爆発し、野村を

非難する部員たち。

土井は、そんな部員たちに今までに

無かった感情を露わにして――。




いつものバーへ大野(菊池桃子)から

呼び出された土井(鈴木保奈美)と葉山

(渡辺真起子)。

「二人に見届けてほしい」と言う大野のもとへ

婚活・佐藤(近藤芳正)がやってくる。

大野は、寂しさからつい最近まで不倫を

続けていたこと、もう関係を清算したことを

佐藤に打ち明けた上で

「佐藤さんと付き合っていきたい」と

告白するのだった。

そんな大野に佐藤は、心の底に横たわる

ある想いを語り始める...。

葉山も離婚を決断し、それぞれが抱えていた

問題に決着をつけた大野と葉山。

「土井も本城のこと、決断しないと」と

二人に促された土井は、一つの決意を固める。


そんな矢先、ワーママ野村(内山理名)の

時短勤務のしわ寄せからくる過労が原因で

ルナ(堀田茜)が倒れるという不測の事態が

起こってしまう!

野村への不満がピークとなり、直接、野村を

非難し始める部員たち。

だが、野村は「時短は正当な権利。マタハラ

ですか?!」と反論する。

そんな野村の態度にキレた部員たちは

「子供が出来たら家にいろ!」と暴言を

吐き始める。

張り詰めた空気の中、溜まりに溜まった感情を

抑えきれなくなった土井は、ついに――。


数日後、野村を呼び出した土井は、本城から

一緒に独立しようと誘われていることを

打ち明ける。

今まで本音で語り合うことがなかった野村に

対し、土井は誰にも言えなかった辛い過去に

ついて野村に話し始めた――。

ワーママ・野村に伝えたかったノンママ・土井

の真意とは?

そして、未来を考え、人生を決断した土井が

出した答えとは?!




さてさて、最後にノンママとワーママが本音で

ぶつかり合いますね。

人間、どんなことでも本音でぶつかれば

その先の道が見えてきます。

本音でぶつかることが少ない現代社会には

先が見えずに渦巻いていること多数!

本音でぶつかることはとても大切なことだと

自分は思っています^^


このノンママ白書、結末がどうなるのか

本当に気になります。

色々な予想はあるでしょうが、最後は

無になって見てみたいな。

そんな感じです^^

「ノンママ白書」まとめページ!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます