SSブログ

『いつまでも白い羽根』全話のストーリーと感想を随時お届け! [いつまでも白い羽根]

『いつまでも白い羽根』4月7日スタート!

毎週土曜日の深夜はオトナの土ドラですねw

で、ここでは、第1話から最終話の第8話

までのストーリーと毎話ごとの感想を随時

お届けしていきます。

なお、万が一見逃した方はこちらを参考に^^

土ドラ『いつまでも白い羽根』再放送で楽しもう!

それでは、第1話からストーリーと

感想をいってみましょう。

『いつまでも白い羽根』第1話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第1話放送日4月7日「もう辞める?」
“都内にある看護専門学校。木崎瑠美(新川優愛)は、玄関脇のナイチンゲールの像を見上げ、背を向けて帰ろうとしたものの、思いとどまり校舎に入っていった。
 瑠美は元々看護師になりたかったわけではなく、大学受験に失敗し仕方なく看護専門学校に入学した。同級生は積極的に話しかけてくる山田千夏(伊藤沙莉)を始め、主婦でふたりの子供を持つ佐伯典子(酒井美紀)や一流大学の法学部を出ている遠野藤香(さとうほなみ)など経歴や個性だけでなく、世代もバラバラだった。

 清拭、洗髪、ベッドメイク…たくさんの実習。不器用ながら看護師を志す気持ちだけは人一倍の千夏に、瑠美は居残り練習に付き合わされる毎日。ある日、千夏に強引に誘われ渋々参加した合コンで、瑠美は嫌味な発言を繰り返す女子大生にずばりと文句を言って場の空気を壊してしまう。千夏の幼馴染・瞬也(瀬戸利樹)はあっけにとられてそんな瑠美を見つめていた。その場を後にした瑠美に、千夏は「強い人といれば、自分も少しは強くなれそうな気がする」と嬉しそうに話す。一方、瑠美は千夏の瞬也への想いに何となく気づいていた。
 瑠美が自宅に帰ると、そこにいるのはパート帰りの母・智子(榊原郁恵)と、失職したあげく部屋に引きこもる父・信吾(春田純一)の姿だった。

 瑠美たちは肺がんのオペ見学実習に臨む。初めて見る本物の手術に圧倒される瑠美たち。その時、いつも優秀で動じなさそうな遠野がその場に倒れてしまう。瑠美が藤香を外に連れ出すと、通りかかった研修医の菱川拓海(清原翔)が手を貸す。この時の出会いが、後に瑠美にとって大きな意味を持つことになるのだが…。

 瑠美や千夏からすれば、佐伯も不思議な存在と言えた。まだ子供が幼く手がかかる佐伯にとって、看護学校に通うのは相当に困難なはずだった。なぜそこまでして看護師を目指すのか?すでに出席日数が足りず、担任の波多野みどり(宍戸美和公)は校長の番匠光太郎(加藤雅也)に佐伯のことを報告。番匠は、看護師不足の折、主婦でもやる気があるなら看護師を目指してほしいという考えで、波多野には前向きなサポートを指示する。引き受けた波多野だったが、同世代の女性として、胸の奥では暗い気持ちが渦巻いていたのだ。そして、ある日の授業の後、事件が起こる。 ”


『いつまでも白い羽根』第1話の感想


『いつまでも白い羽根』の皆さんの感想を
見てみましょう!第1話を終わった時点で。

・あの先生上手!!
いやー私は懐かしかったですねー
あんな感じありましたよ

先輩たちが顔ひきつっていくとか、Dr.と付き合ってる看護学生とか、Dr.と遊んでる看護学生とか、大学落ちのとりあえずの学生とか、子持ち主婦とか、…。
全部私の周りにはいたので驚きました!

まぁ20年くらい前の話ですけどね
実習辛かったの思い出しましたよ

今は結婚して2人の子持ちです
今年から近くのクリニックで10年ぶりに復帰です
だからなんとなく気になって見ちゃいました

あの看護教員最高!いたいた。あの雰囲気そっくりです!

・懐かしい
私も学内実習こんなんだったなぁ~まんまだわぁ。って思った。
でも、25年前の話。
今もベットメイキングはシーツと毛布なるの?
洗髪もこんなので実習?超懐かしかった。
もし、リアルに今の看護学校もこうなら、25年間全く進化てないってすごいわ(笑)湿布も板の上で練ってガーゼに伸ばすのかね?最近の看護学校に通ってた方現役の方、教えてくださいな。実際の病院で、シーツと毛布を重ねてる所、見た事ないわ。
と、ストーリーと関係ないところが気になって仕方なかったドラマです。
オペ見学で倒れた学生をお姫様抱っこで連れて行くなら、ストレッチャー持って来いや。オペ室ならそこらへんにいっぱいストレッチャーあるがな。
でも、いろいろ、「あるある」があって面白かったけどね。「看護師さんって、えらいよねー。奉仕の心すごいわー。下の世話とか、ホント頭が下がる。できないわー。」必ず良かれと思ってかそう言うヤツいるのよ。一番ムカつく。るみの啖呵にスッとしたわ。看護師は奉仕でも天使でもないって。だって給料もらってるんですもの。仕事だからするのよ。出来るの。

・新川優愛さん
初主演なのですね、おめでとうございます。
今後の成長が楽しみです。
1年前に、約 一ヶ月入院して、看護師さんには大変お世話になったので、
懐かしく見ています。

・面白い。
医療ドラマに看護師は付き物だが、看護師の卵の看護学校の生徒のドラマはあるようで無かったので興味深かかった。

若手実力派で個性的な伊藤沙莉がいい味を出していて上手い。

主演の新川優愛も悪くないし、それぞれの事情を抱える看護師の卵達が一人前の看護師に成長して行く感じで面白そう。

・伊藤沙莉さんの
演技が、じっくりと観られるこのドラマは、なかなか面白い。
W主役のように沙莉さんが、頻繁に出て来るところが
なんとも嬉しいです。ゲスの極み乙女のドラマーが
やってる尻軽女も、ミステリアスな雰囲気でなかなかの
はまり役ですね。次回が楽しみ!

・潔い青春ドラマ
自分の幸せを犠牲にしてとか、体裁を良くする言い方は色々あるが、
誰もが主語は私(自分)で、根本は自分のためなんだと思う。
そういうのを隠さないこのドラマは潔くて好感が持てた。
瑠美と千夏を応援するよ。続きが楽しみ。



『いつまでも白い羽根』第2話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第2話「君の人生に“響くもの”はある?」
  放送日4月14日
“大学を再び受験するという思いを捨てきれないまま、看護実習に明け暮れる毎日を送る瑠美(新川優愛)。学校では、相変わらず主婦である佐伯(酒井美紀)の出席日数不足が問題視され、千夏(伊藤沙莉)と2人、気をもんでいた。2人で佐伯の家を訪ねると、そこには画に描いたような幸せな生活があった。裕福な家庭、可愛い2人の娘たち――「佐伯さん、どうして看護師になろうとしてるんです?」思わずぶしつけに聞いてしまう瑠美だったが、はっきり答えを言わない佐伯の姿に、優しげな表情の裏に潜むもう1つの顔を感じ取る。

 ある日、瑠美は遠野(さとうほなみ)が実習中に倒れた際に助けてくれた研修医の拓海(清原翔)と再会する。瑠美が“仮面看護学生”だと知り、拓海は自分にとっての医師を目指す原点である場所に瑠美を連れていく。小児科医になりたいという拓海の真摯な言葉は、瑠美の胸を打った。「君も早く見つけろよ、響くもの」――瑠美はどっちつかずの自分を振り返り、自答する。私の目指すべき道は…。

 あまり人付き合いの上手でない瑠美だが、千夏とは確かな友情を育んでいた。一方で、瑠美は千夏の幼なじみ・瞬也(瀬戸利樹)から好意を寄せられ、居心地の悪さを感じていた。瑠美は千夏が瞬也に恋心を抱いていることに気付いていたが、当の瞬也は千夏をただの友達としか思っておらず、瑠美を当惑させるのだった。

 ある夜、突然瑠美の携帯が鳴る。遠野だった。「あの写真、返して」
 以前、彼女から無理やり預けられた封筒…遠野が男性とあられもない姿で写っている写真。いったい彼女は何を考えているのか。学校では誰とも親しく接しない遠野だったが、なぜか瑠美に本心の一端を見せる。彼女は幼い頃、医療ミスで妹を亡くしていた。ミスを犯した医者を見つけ出す――そのことこそが、遠野が法学部を出て再び看護専門学校に通う理由だった…。”



『いつまでも白い羽根』第2話の感想


・今日も伊藤沙莉さん
いっぱい出ていて嬉しかったです。
実家がラーメン屋さんで父親が柳沢慎吾なんて面白すぎます。
あの尻軽女も訳ありだったんですね。
しかも妹の手術をしたのが、あの人だったなんて…
戴帽式も神秘的で、看護師さんの実態が分かって
なかなか勉強になるドラマだなぁ。

・なんだか、、
2話急に面白くなくなった 軌道修正して欲しい 大人を舐めてる はみ出してる 法学部崩れの子のせいかな? あの子の身の上話し必要かな? 人間救済ドラマでなくて 自己実現ドラマなのでは? 金の為に看護師になる元金掛かるけどねぇ 取り返せるからね。 でも 片手間で出来る仕事ではないのでは?それが あの先生の言い分で それも道理だと思います。 半端な気持ちでは何も出来ない 犠牲にしなければならないものもある。何色にも染まらない 純白は一番自我の強い色であると気づくドラマであって欲しいです。 良いドラマだから スキャンダルとか安っぽい作りにしないでもらったいですね。お友達のお家のラーメン屋が私にはどうしても ふぞろいの林檎たちの 柳沢慎吾さんの今に思えて仕方がない 狙っての演出?(笑)

・現実に近い感じがする
二十代の青春や悩み壁にあたるのがみごたえがある。男友達の関係も面白い
主題歌もあってていい

・違和感
どんくさいキャラを、演じるも
千夏の声やイントネーションが
やはり違和感(不自然/嫌だ)

『いつまでも白い羽根』第3話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第3話「誰かを憎いと思ったことはありますか?」
  放送日4月21日
 瑠美(新川優愛)は、病棟実習で肝臓がん患者・千田(笹野高史)を担当することに。口が悪くかんしゃく持ちの千田は看護師たちも手を焼く存在で、その傍若無人ぶりに瑠美も辟易する。千夏(伊藤沙莉)や佐伯(酒井美紀)、遠野(さとうほなみ)の担当患者はみな穏やかな人たちなのに、どうして自分だけ…釈然としない瑠美。けんか腰の言動を繰り返す千田に思わず「患者だからって何言ってもいいんですか」と言い返し、衝突してしまう。

 落ち込む瑠美だったが、研修医の拓海(清原翔)の助言を受けたことで千田との向き合い方を考え始める。率直な言葉で語りかけ、態度が悪かったことを素直に詫びると、千田は「病院は愛想笑いする奴が多いが、あんたは違うな」と笑う。千田との距離が少し縮まった瞬間だった。と同時に、瑠美の中では拓海の存在が少しずつ大きくなっていた。

 大変な治療の中苦しむ千田を、自分なりのやり方でケアする瑠美。指導看護師からも評価され手応えを感じていたが…。「書いてくれよ、遺言状」「さっさと帰れ!」病室での息子との殺伐としたやり取りを聞いてしまったせいで、千田の複雑な家族環境が気になっていた。

 ある夜、瑠美は拓海から小児科のボランティアの集まりに参加しないかと誘われる。何となくうれしくて浮き足立つ瑠美。しかし――待ち合わせの場に偶然居合わせた遠野と拓海が出会い、拓海が一瞬で彼女に心奪われる瞬間を瑠美は目の当たりにしてしまったのだ。「彼女はやめといた方がいいですよ…」動揺のあまり、思わず遠野の悪口を言ってしまった瑠美は、いたたまれず拓海の前から足早に立ち去る。自己嫌悪にさいなまれ、懸命に涙をこらえる瑠美だった。

 病院では気持ちを切り替えようとするものの、千田の前でつい落ち込んだ顔を見せてしまう瑠美。「何かあったのか」千田の質問に、思わず聞いてしまう。「…誰かを憎いと思ったこと、ありますか」



『いつまでも白い羽根』第3話の感想


・笹野さん
流石に上手くて、気難しい末期ガンの患者を好演して、主演の新川優愛の演技を上手く引き出していた感じかします、上手い人が一人入るとドラマが締まる感じがします。

それから優しい感じの役が多い酒井美紀さんが、旦那の為に作った料理をゴミ箱に捨てる時のヒステリックな感じは意外でした。

・楽しみなドラマの1つです3
お仕事根性ドラマとしてよくできていると思います。最近やたらと警察、特捜班、刑事、殺人事件、未解決事件、司法解剖などのテーマのものばかりで食傷気味でしたが、ナースものは久しぶりだし、新米ナースの成長!という観点でも学ぶことも多くストーリーの展開も楽しみなドラマです。

・無愛想な看護婦
瑠美の看護婦らしからぬ行動に好意を持って観ています
抗がん剤治療で患者が苦しくてたまらず「チクショー!」
あのようなあからさまな場面が今までのドラマであっただろうか?
隣であわせるように瑠美が「チクショー!」「スッキリしますね」

病院で大声はありえない あってはならない

患者のつらさは代わってもらえるはずもない
しかし、自分のことを気にかける瑠美に少なからずも
慰めになったと思う 我が息子たちは遺産のことばかり
ちっとも父親のことは考えていない 病気で弱っている
からこそ普段は見過ごす機微が感じられるのではないでしょうか
「無愛想な看護婦だな」貶すのではなく私には褒め言葉に聞こえた
それから患者と絆が生まれるとその先のことがわかるだけに
その時に責任感で押しつぶされないか心配になりました。

・酒井美紀家庭怪しい
酒井美紀の家庭 何かあるね 
だいたい旦那、気分を変えたい車乗ってくるって
ありえないだろ。家庭が癒しなんじゃないの

あまりドロドロ感にしないでね。
みんなおんなじドラマになってしまうから。


『いつまでも白い羽根』第4話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第4話放送日4月28日「試練…看護師がなすべきことは」
 瑠美は、がん患者の千田(笹野高史)から一通の手紙を託される。瑠美の、誰かを憎んだことがあるかという問いに対し、花房チヨというその宛名の女性のことを千田は「俺が憎んだ人だ」と語る。戦争で母を亡くした千田は、生き延びたチヨのことをある事情からずっと許せないで生きてきたという。その手紙を孫に渡しチヨを探すように言ってほしい――それが千田の最期の願いだった。そのあまりの切実さに動揺する瑠美だったが、「頼む…最期に黒いままじゃ、死んでも死にきれねぇ」…千田の真剣な言葉に、手紙を受け取るしかなかった。

 一方、相変わらず多くの医師と関係を持っては別れてを繰り返す遠野(さとうほなみ)に、瑠美は振り回され続けていた。助けを求める遠野からの電話にあわてて駆けつけると、家庭のある男性医師との別れ話の真っ最中…悪びれる様子もない遠野に、思わず「好きでもない人と付き合って別れて、何が得られるの?」と聞くと、「お金。他にもいろいろね」――いったい彼女は何を考えているのか…困惑を隠せない瑠美だった。さらに、拓海(清原翔)がずっと遠野と連絡を取ろうとしていることを知り、ますます瑠美の気持ちは沈んでいくのだった。

 その一方で、千夏(伊藤沙莉)が想いを寄せる瞬也(瀬戸利樹)は、瑠美への好意を隠そうとしない。それがうれしくないわけではないが、千夏の本心を知っているだけに、瑠美の気持ちは複雑だった。仕事でもプライベートでも悩みが尽きない状況に、経験したことのない疲れを感じてしまう瑠美だった。

 ある朝、千田の容体が急変。駆け付けたものの、呆然と見ていることしかできない瑠美。血圧を測るよう指示され、震える手で血圧計の帯を千田の腕に巻こうとするが――。



『いつまでも白い羽根』第4話の感想





『いつまでも白い羽根』第5話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第5話放送日5月5日


 指導看護師に報告せず、亡き千田(笹野高史)の最期の願い――花房チヨという女性に手紙を渡したいという思いをかなえた瑠美(新川優愛)。黒いままじゃ死にきれねえ…千田の切実な言葉に突き動かされ行動したことに後悔はないが、それが理由で実習停止を命じられ、自宅での謹慎処分となってしまう。瑠美のその処分に対し、遠野(さとうほなみ)が先生たちに猛抗議をしたという話を聞いて、瑠美は意外に思う。そんなに仲良くもないのに…。

 瑠美を元気づけようと、千夏(伊藤沙莉)は瞬也(瀬戸利樹)や柳田(深澤嵐)にも声をかけ、川原のバーベキューに連れ出す。瞬也に告白されたばかりの瑠美は気まずさを感じるが、瞬也は「意識しなくていいから、自然にやってこう」と笑う。瞬也のまっすぐな気持ちはうれしい。でも――。謹慎中の身に仲間たちの気遣いはうれしいものの、その心中は複雑だった。

 瑠美が帰宅すると、父・信吾(春田純一)が夕食に何かないかと探している。どうせだからと母・智子(榊原郁恵)がパートで働くスーパーまで買い物に出かける2人。店では、意外にも客のクレームに必死で頭を下げている智子の姿があった。大変なんだ…。母の頑張る姿に、普段なかなか素直になれない自分を振り返る。両親と瑠美の3人で、並んで自転車で家路に着く。「何年ぶり?家族で自転車こぐなんて」智子の楽しそうな声に、頑なな心が少しずつ解けていくのを感じる瑠美だった。

 一方、遠野は番匠(加藤雅也)との密会を続けていた。2人は、お互いの悲しい過去に気づいているのかいないのか…。
 ある日、瑠美の携帯に、学校を休みがちだった佐伯(酒井美紀)からメールが入る。待ち合わせ場所に駆けつけると、瑠美は問いかけた。「…どういうことですか?」
 佐伯は、瑠美たちが知らないところで、ある大きな人生の決断をしていたのだ…。



『いつまでも白い羽根』第5話の感想





『いつまでも白い羽根』第6話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第6話放送日5月12日


 季節は巡り、3年生の秋になった。
 瑠美(新川優愛)が母・智子(榊原郁恵)に「貧血気味のクラスメイトがいる」と話したことから、妙な流れで遠野(さとうほなみ)を家に連れて行かざるをえなくなってしまう。来るはずだった千夏(伊藤沙莉)が実習で手が離せなくなってしまい、気まずい雰囲気の遠野と2人で家に帰ると、瑠美の両親は遠野のためにわざわざ貧血に効く煎じ薬を取り寄せて用意してくれていた。戸惑いながらも、瑠美の良き友人のようにふるまう遠野。夕食までともにした帰り道、遠野は瑠美に「いい家族ね。愛されてる」と話す。自分にも家族に愛された記憶があったはずなのに…今ではもう何も思い出せないのだ。「続けてるの?医者探し」瑠美だけが知る遠野の秘密――妹を死なせた医師への復讐。「やめるわよ、もうすぐ」遠野の言葉にホッとする瑠美だったが…。

 その夜、遠野は番匠(加藤雅也)の腕に抱かれていた。「何かいいことあった?」「ええ」いつになく幸せそうな遠野に、番匠も微笑む。順調に愛をはぐくんでいたかに思えた2人だったが、それぞれの思惑は…

 学校では、いよいよ最後の実習が始まろうとしていた。小児病棟実習…自分より年若い重症患者に向き合わなければならない過酷な現場。看護師になるための最後の試練。
 千夏は10か月の赤ちゃんの、そして瑠美は8歳の女の子の担当になる。そのくったくのない笑顔に好感を持つ瑠美。小児科には拓海(清原翔)も研修医として勤めていて、瑠美に患者のことを説明する。彼女のカルテには、「脳腫瘍」という病名が書かれていた…。



『いつまでも白い羽根』第6話の感想





『いつまでも白い羽根』第7話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第7話放送日5月19日
 小児病棟実習中の瑠美(新川優愛)は、8歳の友香(住田萌乃)を担当する。友香にすっかりなつかれるものの、「子供と仲良くすることが目的ではない」と指導される。容態が安定せず治療が進まないことも気がかりで、瑠美は自分にできることは何かと懸命に考える。

 千夏(伊藤沙莉)は重病を抱える10か月の赤ちゃんを担当。半年もの間、必死で看病を続けている両親の負担を少しでも減らそうと、休日も返上して病室に足を運ぶ千夏だったが、また無理しすぎているのではないかと父・健司(柳沢慎吾)を心配させる。

 そんな中、学校長・番匠(加藤雅也)が、10年前の医療事故の一件で突然退職することになる。すべては遠野(さとうほなみ)の復讐だったのだ。失意のまま学校を去る番匠の姿を見つめ、遠野の心はまた揺れる…。

 瑠美は、瞬也(瀬戸利樹)に「あなたを友達としてしか好きになれない」と本心を告げる。それでも構わないと言う瞬也だったが、瑠美は瞬也からの想いをいいように利用してしまう自分が嫌だった。「私が、そんな自分が嫌いなの」瑠美の気持ちを聞き、瞬也は潔く瑠美のもとを去っていった。

 千夏は赤ちゃんの容態に気になることがあったが、指導看護師になかなかそのことを伝える時間がない。そんなある日、予期せぬ事態が起こる――。



『いつまでも白い羽根』第7話の感想





『いつまでも白い羽根』第8話ストーリー


「いつまでも白い羽根」
  第8話放送日5月26日



『いつまでも白い羽根』第8話の感想






『いつまでも白い羽根』に関する記事は

こちらにまとめてありますので

お時間ある方はのぞいて見てくださいね^^
『いつまでも白い羽根』まとめページ

ブックマークしてくださいね~!
よろしくお願いします^^

『オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』を無料で見るには
こちらからどうぞ^^


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます