SSブログ

『朝が来る』原作:辻村深月 あらすじを手短に! [朝が来る]

『朝が来る』原作:辻村深月 あらすじを手短に!


オトナの土ドラ第2弾として決定した

『朝が来る』ですが、原作は辻村深月

さんですね。


感動の長編小説として本年度の本屋大賞

にもノミネートされています。


目次としては4章に分かれていますが

あまりネタバレになってもいけませんので

各章のタイトルは伏せておきます^^



それでは早速あらすじを!

☆第1章 ○○と○○

栗原佐都子、清和夫婦と息子の朝斗が暮らす

マンションに謎の電話が掛かってくるところ

からスタートします。


気になる無言電話。

そんな中、息子・朝斗が通っている幼稚園で

ちょっとしたトラブルが。


このトラブルで、佐都子と朝斗の関わりや

佐都子・清和夫婦と朝斗の繋がりが見て取れます。


そして、無言電話の主がぼんやりと見えて

くるのですが、その主の名は栗原夫婦にとって

忘れもしない名前だったのです。


その名前は“片倉ひかり”。


彼女と栗原夫妻との出会いは!?

キーワードは「広島のおかあちゃん」


そして、栗原夫妻と片倉ひかりは再会する

のだが、本当に再会なのか・・・


その再会後、警察がやって来る。

謎は深まっていったのだ・・・。



☆第2章 ○○トン○○

朝斗が栗原夫妻の元に来るまでのこと。

それは長く、出口があるのかと思われる

トンネルだった。


佐都子と清和が知り合ったのは29歳の時。

ここから普通の夫婦生活から、苦悩の生活

への変換が描かれています。

子ども授かれないと知った夫婦がいかにして

自分たちの子どもを授かるのか。


そして、血がつながらなっていなくても

間違いなく自分たちの子どももいる。


そこまでの過程は本当に長く様々な葛藤が

あるのです。しかし、その先には確実に

光が差していました。


そして、片倉ひかりとの出会い。

再会は本当だった。


でも、お母さんもお父さんも朝斗を信じ

また、朝斗もお母さんとお父さんを信じる。

揺るぎない信頼関係がそこにはあったのだ。



☆第3章 ○○○の帰り道

ひかりにとっての家族とは。

ごく普通の家族の光景。

そこから少しずつ変わっていく・・・。


ひかりは中学1年生の秋に

巧と付き合い始める。

ちょっと背伸びするひかり。


小さな変化から大きな変化へ!

そのスピードは凄まじかった。

それでも、そのスピードについていく

ひかりだったが、周りは徐々に離れていく。


たくましく生きていくひかりだったが

出産したあとは、どんどんと自分が目指す

方向とは離れていく。


暗闇の中に引きずり込まれていくひかり

だったが、これも運命だったのか出発点の

栗原夫妻との再会に・・・。



第4章 ○が来る

ひかりと栗原夫妻との再開まで。

ひかりはどんどんと暗闇の中へ。

本当にこのままでいいのだろうか。

揺れ動くひかり。


そして、栗原夫妻もまた、揺れ動く。


しかし、とうとうひかりにとっての朝が・・・。


栗原夫妻は本当の親になっていたのでした。



感動の最後は本当に・・・。


⇒『朝が来る』 まとめページ!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます